受付(年中無休):
0120-865-320

調停離婚

『夫婦の一方が、離婚に合意しない場合』や『離婚には合意しているけど、離婚条件で折り合いがつかない場合』など、夫婦の話し合いだけでは、解決できないようなときに、家庭裁判所へ離婚調停を申し立てることになります。
離婚調停は、あくまでも協議・意見調整の場であり、夫婦間で合意がなければ成立しません。つまり、夫婦の一方が、『絶対に離婚しない』と言い張った場合は、調停でも離婚はできないことになります。
調停の具体的な進め方は、以下。夫婦1人ずつが交互に調停室に入室して、調停委員に意見や希望を話します。話を聞いた調停委員は、夫婦双方に互いの意見や希望を伝え、アドバイスを行いながら、合意に導いていきます。調停では、夫婦は顔を合わせることはありません。いわば、調停委員を仲介にした伝言ゲームのような形で、進められていきます。

受付(年中無休):
0120-865-320

お申し込みフォーム





TOPページ
離婚相談の必要性
協議離婚
┣調停離婚
裁判離婚
慰謝料
財産分与
養育費
親権
婚姻費用
年金分割
面接交渉権
子供の氏
親権者変更
養育費の額の変更
ご相談料金
お申し込みフォーム
運営者情報



離婚 || 離婚相談 || 慰謝料 || 相続 || クーリングオフ || 交通事故相談 || 敷金 || 内容証明 || 後遺障害 || 債権回収 || 
copyright (c) 2007 関西出張離婚相談所モバイル All Rights Reserved.