受付(年中無休):
0120-865-320

裁判離婚

協議・調停において、夫婦の一方が離婚に合意しない場合は、裁判で離婚を求めることになります。
夫婦の一方が『離婚したくない』と言っているのに、もう一方が離婚を求め、その結果、裁判所が強制的に離婚させるためには、やはり、それなりの理由・事情が必要になります。裁判で離婚が認められるには、離婚を求められる側に、以下の法定離婚原因が必要です。

不貞な行為があったとき
配偶者を悪意で遺棄したとき
3年以上生死不明
強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
上記@〜Cの他、婚姻を継続しがたい重大な事由がある

婚姻破綻の責任がある側が、裁判で離婚を求めても、離婚認容の判決がでることは少ないようです。

受付(年中無休):
0120-865-320

お申し込みフォーム





TOPページ
離婚相談の必要性
協議離婚
調停離婚
┣裁判離婚
慰謝料
財産分与
養育費
親権
婚姻費用
年金分割
面接交渉権
子供の氏
親権者変更
養育費の額の変更
ご相談料金
お申し込みフォーム
運営者情報



離婚 || 離婚相談 || 慰謝料 || 相続 || クーリングオフ || 交通事故相談 || 敷金 || 内容証明 || 後遺障害 || 債権回収 || 
copyright (c) 2007 関西出張離婚相談所モバイル All Rights Reserved.