受付(年中無休):
0120-865-320

面接交渉権

離婚後、子供と別居することになった親が、子供と会う権利を面接交渉権といいます。親の権利とはされていますが、あくまでも、子供の福祉が優先されますので、面接交渉が子供に悪い影響を与える場合や子供の負担となるような場合は、制限・停止されることもあります。
幼年者との面接交渉は、子供を養育監護している親(監護者)の協力が必要不可欠です。監護者が、頑として子供に会わせないような事情にあるときは、面接交渉を実現させるのは、非常に難しくなります。面接交渉を求めて、調停を申し立てることもできますが、監護者から『面接交渉により、子供が情緒不安定になる』などと主張されると、調停委員も面接交渉を強く勧められないのが現実ではないでしょうか。
面接交渉については、子供のためにも、親同士が冷静になって、常識的に取り決めて欲しいと思います。

受付(年中無休):
0120-865-320

お申し込みフォーム





TOPページ
離婚相談の必要性
協議離婚
調停離婚
裁判離婚
慰謝料
財産分与
養育費
親権
婚姻費用
年金分割
┣面接交渉権
子供の氏
親権者変更
養育費の額の変更
ご相談料金
お申し込みフォーム
運営者情報



離婚 || 離婚相談 || 慰謝料 || 相続 || クーリングオフ || 交通事故相談 || 敷金 || 内容証明 || 後遺障害 || 債権回収 || 
copyright (c) 2007 関西出張離婚相談所モバイル All Rights Reserved.